Gena(ジーナ)の飲んだくれ太腕繁盛記

健康であれば大抵のことは気合いと根性で乗り切れる!

「グッドバイ・ママ」続き、part1

昨日の記事の続きです。
もう放送は終わったから、私がストーリー展開を書いても問題ないかな?
 
まず第一話では、モデルハウスでアルバイトしているあざみ(坂口良子)のことを、同僚の惇平
篠田三郎)が気にしています。
出会ってまだ三週間だが、あざみに一目惚れした惇平は、もうじき九州へ転勤が決まっている
ため、あざみにプロポーズしたが、断られたのだ。
断った理由を聞くが、あざみはハッキリ答えない。
職場の同僚で、同じ大学の山岳部の仲間だった洋介に、あざみの身辺を探らせる。
 
実はあざみは未婚の母である。
あざみは再生不良性貧血に罹り、既に末期になっている。
茶店で男性と親しく話しているあざみ。
夕方から、コインランドリーの受付をしているあざみ。
生活の為に、夕方まではモデルハウスで、夕方からはコインランドリーで働いているのだ。
洋介は惇平に、「どうも妻子持ちの男と付き合っているようだ」と、報告する。
 
茶店で話していた男性は、あざみの主治医の御手洗(平幹二朗)で、あざみの子供の紀(のり)
の、養子先が決まったことを話していたのだった。
養子先が裕福な家で、奥さんが子供が出来ない身体で、待ち望んだ子供だから、大事に育てて
くれるハズだと聞いて、あざみは安心する。
 
あざみがアルバイトしているコインランドリーへ行き、再びプロポーズする惇平(じゅんぺい)。
紀の存在を話すが、惇平は驚きながらも子供も一緒に九州へ行こうという。
そして惇平は勝手に、養子先から紀を連れ戻してしまう。
惇平の熱意に押され、あざみは惇平との結婚を決意する。
…が、主治医の御手洗は「病気のことを話したのか?」と心配する。
 
あざみは惇平に病気のことを話さないまま、結婚しようと決意する。
御手洗は惇平を呼びだし、「あざみが亡くなった後も、紀を育てることは出来るのか?」と聞く。
あざみの病状を聞いた惇平はショックを受け、飲み屋で知り合った女に伝言を頼む。
コインランドリーで「ザイルは切れた」と、惇平からの伝言を聞くあざみ。
結局、惇平はあざみを捨てて、一人で九州へ行くのでした。
…と、ここまでが第1~3話の内容です。
 
平和な紀との生活が戻って来た矢先、コインランドリーの常連客の岩崎(伊東四朗)から結婚
を申し込まれる。
岩崎の妻は男と出奔し、小学生の男の子(尾身としのり)と二人暮らししている。
コインランドリーでは、あざみが未婚の母であることを皆が知っている。
岩崎が区役所勤めということも有り、結婚しようと思うあざみ。
しかし、そこに岩崎の妻が男に捨てられ帰って来る。
生真面目な岩崎は、話し合ううちに激昂し、妻を刺してしまう。
命に別状は無かったが、岩崎は警察に出頭する。
 
あざみの後を隠れてつけ回している男(渡辺篤志)がいる。
あざみの恋人を死なせてしまった渡辺である。
恋人と同棲していたあざみは、妊娠したことを告げるが、恋人は「堕ろせ」という。
あざみは恋人に平手打ちをすると、駆け出す。
恋人はあざみの後を追うが信号が変わり、車にはねられてしまい亡くなる。
これは飛び出した恋人の方が悪いのだが、渡辺はひき殺してしまったことにショックを受け、
外国に行っていたのだ。
(渡辺は土地成金の息子で、金は有るが生き甲斐を見つけられない男なのだ。)
 3年経って帰国し、あざみの行方を調べたら、未婚の母になっていたので驚きながらも、自分の
命に掛けてあざみを助けたいと必死に訴える。
…が、あざみは「あんたなんかの助けは要らない」と突っぱねる。
 
ここまでがドラマの前半です。
後半はまた明日書きます(^o^)丿