Gena(ジーナ)の飲んだくれ太腕繁盛記

健康であれば大抵のことは気合いと根性で乗り切れる!

お花が届きました♪

夫が夜勤に出て、ヤレヤレと一息付いてたら、お花が届きました。

f:id:gena0116:20200116165211j:plain

送り主は、ブロ友のMARUMAさんからでした。
毎年、誕生日にお花を贈って下さいます。
部屋にお花の香りが漂ってます(^o^)
夫でさえ、私の誕生日を忘れていると言うのに…。
MARUMAさん、綺麗なお花をありがとうございました(^o^)丿

あっという間に一年が…(@_@;)

f:id:gena0116:20200116101109j:plain

今日で私、54歳になりました。

あっと言う間に一年が過ぎました(@_@;)

まさに「光陰矢のごとし」ですね。

そうそう「光陰矢のごとし」は、月日が経つことは早いというたとえですが、

月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきでは

ない…という、戒めを含んでいるそうです。

本当にそうですよ。

人間、明日が分かりません。

↑うんうん、たまには真面目な内容を書かなくてはね。

…と、自戒しつつも、今夜は夫が夜勤なので一人宴会を行います。

夫が不在だと、邪魔されずに味わって飲めますからね^^

 

 

「フォードvsフェラーリ」

新年初めての1本を観て来ました。

ポスター画像

マット・デイモンクリスチャン・ベールが初共演でダブル主演を務め、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。

ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた、元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と、優秀なドライバーの獲得を必要としていた。

シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらも、マイルズをチームに引き入れる。

限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて、数々の困難を乗り越えていくが…。

シェルビーをデイモン、マイルズをベールがそれぞれ演じる。

監督は「LOGAN ローガン」「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」のジェームズ・マンゴールド

いやぁ~!迫力ありました。

目がスクリーンに釘付けになりました。

手に汗握るカーレースが繰り広げられます。

少しでも速く走る為に、皆がしのぎを削ります。

上層部の横やりが入ったり、なかなか思うような結果が出せないけど、それでもシェルビーとマイルズは力を合せて、車を改良して、結果を出して行きます。

この映画はレースシーンが主だけど、友情、夫婦の愛情、父子の親子愛も描かれています。

マイルズの奥さんも素敵だし、息子がまた良い子なのよ^^

それにしてもラストで、あのようなことになるとは…切なかったです(p_-)

ともあれ、カーレースの裏側なども有り、私のようなル・マン初心者も楽しめた映画でした。

ル・マン24時間耐久レースは、ニュースで聞いたり、名前だけは知ってるけど、テレビ中継は観たことが無いです。

スティーブ・マックイーン主演の「栄光のル・マン」を鑑賞した人や、F-1が好きな人、車が大好きな人に、お勧めします。

マット・デイモンクリスチャン・ベールの熱演も是非、ご覧になって下さい。

 

 

祝9周年\(^o^)/

今日は今は無き「Yahoo!ブログ」を開設した日です。

私のブログ生活も9周年になりました。

早い物で9周年。

これもブロ友さんとの楽しい交流のお蔭です。

有難うございます。

これからもご贔屓にして下さいね(^o^)丿

 

そして、Windows7のサポートが先ほど終わりました。

まだWindows10にアップデートしていない私。

事情が有って月末まで、アップデートは待機しないといけません。

ちょっと、皆さんへの訪問やリコメが遅れるかも知れませんが、

ご勘弁下さい。

 

 

何がイヤですか?

私ら夫婦、社宅の和室に布団を敷いて寝ています。

独身生活が長かったので、それぞれ使っていた布団を敷いて寝ています。

…で、今日の明け方、夫のイビキで目が覚めました。

「いやぁ~よ。いやぁ~よ。」とイビキをかいている(@_@;)

引き笑いのような呼吸をしてるのか、「いやぁ~よ」と聞こえます。

2~3分ぐらい、いやぁ~よが続いたけど、その後、正常な寝息に戻り

ました。

今朝、夫に聞いたら、やっぱり覚えていなかった。

そうよね、自分のイビキは分からないものね。

次回「いやぁ~よ」が聞こえたら、携帯電話で録音しようと思います。

それにしても、何が嫌なんでしょうね?