Gena(ジーナ)の飲んだくれ太腕繁盛記

健康であれば大抵のことは気合いと根性で乗り切れる!

心の栄養になります^^

16日〜18日まで、私の実家に様子を見に行ってました。

引っ越しでバタバタするわ、夫の父が亡くなるわで、一ヵ月以上様子を見に行け

ませんでした。

片道5時間かけて(乗り継ぎ乗車時間は約4時間)今回は2泊3日で行きました。

母の話し相手をして行動を観察していたところ、トンチンカンな言動が多くなっ

ていた。

しっかり認知症が進行しているじゃない( ;∀;)

被害妄想は相変わらずだったが、言い間違いは多くなり、買い物に行くと在庫が

有るのに、同じものを買う。

「冷蔵庫の中に有ったよ」と言っても、「ふぅ~ん」と言って、買い物かごに入

れる。

母が風呂に入っている間に、冷蔵庫の中の消費期限切れの総菜や食材を一気に

処分した。

4か月前に消費期限が切れている豆腐や板こんにゃく、2ヵ月前に消費期限が

切れているプリンなど…(@_@)

総菜も消費期限が5日過ぎれば危険である。

3日ぐらいだとまだ大丈夫だけどね。

あっ!総菜に使われている食材にもよるわね。

カマボコや里芋とかは足が早いからね。

 

「そこの袋を取って!」と言われ、レジ袋を畳んだ物を取ると「違う!」と怒

る。

ガラスコップを取って欲しかったのだった。

買い物に行くと自分の履いている靴を指さし、「これを買わないといけない!」

と言うので「靴か?」と聞くと「違う!」と言う。

「靴下か?」と聞くと「違う!あれよね!」と怒る。

スリッパが買いたかったのだ。

夏用のスリッパに替えたかったのね。

そんなこんなで、根気よく「当てっこクイズ」をしないとならず…。

父は面倒になって「お前が言うことは分からん!」と言うので、母も父には

「お父さんには何も話せない」とボヤいていた。

おまけに実家に帰っている時に限って、夫の母からトンチンカンな問い合わ

せ電話が来るし…。

18日は夕方5時に実家を出て、自宅に着いたのは夜10時半でした。

 

疲れた私を見透かしたかのように、ブロ友のギドラさんから素敵な作品が届い

てました。

↑「100円の恋」「パーフェクトブルー」「湯道」なかなか観られない作品です。

ギドラさん、ありがとうございます。

心の栄養になります(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

早く鑑賞できるよう頑張ります(^o^)丿

 

 

一ヶ月が過ぎました(⁠@⁠_⁠@⁠;⁠)

早いもので愛媛に引っ越してきて、一ヶ月が過ぎました。

15日に荷出しして、16日に荷入れして…。

2日後に夫の父が亡くなり、慌ただしく葬儀の手配と役所関係の手続きをした。

GWが過ぎ、引越荷物は四分の一が手付かずのまま…(⁠*⁠﹏⁠*⁠;⁠)

GW明けに、夫の実家に日帰りで帰り、照明器具のリモコンを探したり…と、

雑用に追われ、体調を崩しながらも休んでいられない状況でした。

今日は一ヶ月半ぶりに、私の実家に向かってます。

夫の実家に掛かり切りだったので、様子を見に行くことに…。

母を美容室に連れて行ったり、家の掃除をしなくてはいけません。

思えば去年6月16日、私の母の手術から始まり、10月20日

からは夫の両親の介護も必要になり、双方の実家を行ったり来たり

する生活になった。

よくまあ倒れずに乗り切れたと思う。

自画自賛だわね(⁠^⁠~⁠^⁠;⁠)⁠ゞ

そして舅が亡くなり、姑の骨折も良くなりつつ有る。

来週は舅の三十五日法要が有る。

ひと区切りになるわ。

無事に済ませなくては…。

何だかやるべきことが全部、私の役目になっているのが不思議。

そんなこんなで相変わらず、貧乏暇なしの私である(⁠-⁠_⁠-⁠;⁠)

 

高齢者の一人暮らしは心配(>_<)

GWも終わりましたね。

うちは夫が出勤したり、GWの平日は役所に出向いたりしてました。

そんな中、5月3日に姑から「照明器具のリモコンが見つからなくて、ずっと

探している」と電話が有った。

「ちょっとそこらに置いたんだけど、見つからない」

「消灯できないからブレーカーを落とした」

「台所と風呂とトイレは電気が点くから大丈夫」…などと言う。

日没後には懐中電灯を持って二階の部屋に上がるとか…。

金曜に介護ヘルパーさんが掃除に来るから、一緒に探してもらうと言っていた。

…が、やはり見つからないので、GW明けて8日に日帰りで様子を見に行きまし

た。(3~6日は、しまなみ海道が大渋滞するので帰られなかった)

家の中をあちこち探したけど、リモコンは見つかりません。

下駄箱の中まで探したのだけど…ね。探しものをしている人のイラスト(女性)

リモコンが見つからないから、照明器具を外すことにした。

ブレーカーを上げないと姑はテレビも観られないから。

シーリングライトのイラスト

↑この照明器具、亡き舅が埋め込み式のシーリングライトに換えている。

脚立に上がって手を伸ばし、取り外そうとしたがなかなか取れない。

反時計回りに回転させれば取れるハズなんだが、回せど回せど取れなくてね。

しかし背伸びしてギリギリ届いていた手が、手を伸ばしただけで届く所まで

緩んで来た。

…が、緩んで取れそうなのに取れない。

ふと思いつき、プラスチック製のカバーの隙間に指を差し込んで力を入れた

ら、カバーがパカっと取れました。

中の部品を差し込み口から外しました。

何でこんなに取れなかったんだか?

首と腕が疲れましたよ(>_<)

…で、ブレーカーを上げて帰宅しました。

(移動時間で往復4時間、滞在時間は3時間)

 

翌日、帰宅した夫に報告したら、「リモコンだとまた無くすから、昔からの紐

で引っ張る照明に換える!」と言っていた。

それにしても姑は、私が帰らなかったら、しばらく懐中電灯の生活をしようと

していたのか?

まさか三十五日法要で私ら夫婦が帰るまで、待つつもりだったのか?

不便だったろうに…。

さすがに度々、帰ってもらうのは悪いと思ったのか?

やはり高齢者の一人暮らしは心配だわ。

これから先、どうしたら良いのか?

頭を悩ます私である(T_T)

 

 

 

 

真意はどうしたいのか?

4月が慌ただしく過ぎて行きました。

4月30日 夫と社会保険事務所に行き、姑の遺族年金の手続きをする。

5月1日 夫と一緒に実家に日帰りで行き、蛍光管の交換と光熱費の引き落し

口座の変更書類を書く。

5月2日~4日 夫出勤する。

 

姑は判断力と理解力が半減しているので、夫と私が代理で動いている。

一番大事な市役所と社会保険事務所での手続きは終わらせた。

遺産分割には、まだ手が回らない。(弟の代理相続人で姪が関わって来るから)

2ヵ月は生活資金が回りそうなので、三十五日法要が終わってからの話だ。

そう!四十九日が三カ月にまたがると良くないと言われているので、三十五日

法要にするのでした。

ここは、前回の葬儀で揉めた親戚と意見が一致した。(その親戚は今、入院中)

 

…で、姑が「小さい墓で良いから作らないと!」と言っていたから、1日に帰

った時に「墓を建てても、私らの年齢を考えてもせいぜい30年ぐらいしか墓

守りが出来ない。そのあとは墓じまいをしないといけない。業者や坊さんに来

てもらって、結構な費用と手間がかかる。」と話したら、姑は黙り込んでしま

った。

私が推測するに姑は、墓を建てたら本家か親族の誰かが墓守りをしてくれるも

のだと思っていて、墓じまいするとは露にも思っていなかったのでは?

実際、姑の里では、姑の母親の墓を親族が見てくれているからね。

同じように考えていたんだろうな。

でもね、地域によって考え方が違うからね。

夫が「三十五日法要までよく考えたら良いよ」と言って、私ら夫婦は帰宅した。

 

…が、翌日、夫の携帯電話に姑から「お墓は要らない」と連絡が入った。

う~ん!これはまたどうしたものか?

近日中に姑の真意を確かめないと。

夫は仕事で動けないから、三十五日法要の手筈は私が動いている。

ジーナさん、そこまでするの?」と思われましたか?

まあ、私の親の時の予行演習だと思って、動いているのでね。

それにしても、人間が一人亡くなるってことは大変なことですよ。

諸手続きの多さに辟易する私である( ;∀;)

燃え尽きた人のイラスト(女性)

 

さすがに疲れてます(>_<)

気付けば4月も明日で終わる。

怒涛の如く過ぎた4月でした。

4月6日 私の実家へ行き、母の見守りをする。

4月15日 引っ越し荷物を出す。

4月16日 引っ越し先へ荷物を入れる。

4月17日 事務手続きに市役所と警察署へ行く。

4月18日 夫、転任先に初出勤する。病院から連絡が有り、午後から舅が

入院中の病院へ行く。舅が亡くなる。

4月19~21日 通夜葬儀を執り行う。

(20日は礼服を取りに、高速バスで福山~今治を往復し、通夜に間に合わ

せた)

4月22日 夫の実家から私は一足先に自宅に戻る。

4月25日 再び福山に入り、市役所で死亡後の手続きをする。

4月26日~29日 夫が出勤。

…とまあ、こんな感じで4月はバタバタしてました。

 

夫が出勤している間に、必要な物を買いにバスで外出したり…。

でもね、夫の親族から問い合わせが有ったり、檀家の寺に連絡したり、姑か

らは「蛍光灯が切れたけど、どこに買いに行ったら良いか?」と電話が有っ

たり…。

何でもかんでも皆が私に連絡してくるから、対応で忙しい。

いつになったら、引っ越し荷物が片づけられるのか?

疲れが溜まっているのか、座ると眠くなり、気付くと板間で気を失うように

寝てて(1時間ぐらい)、寒くて目が覚める。

こんな繰り返しです。

 

明日からはGWの平日に、年金事務所と夫の実家へ行く予定だ。

姑は判断力と理解力が半減してるから、夫と私が全ての手続きをしないとい

けない。

夫は一人では自信が無いのか、必ず私を付き合わせる。

取り急ぎ、姑と法要と墓の相談をしないといけない。

これにも付き合わされる。

私の実家も気になるので、顔を出して来たいが今は無理だ。

あぁ~身体が二つあったなら…と切に願う私である。

山積みのダンボール箱のイラスト