Gena(ジーナ)の飲んだくれ太腕繁盛記

健康であれば大抵のことは気合いと根性で乗り切れる!

「海すずめ」

今日も暑かったです(-_-;)
この地は32℃まで気温が上がりました。
昼から涼みがてら、シネコンに行って映画を観て来ました。
鑑賞したのは、ご当地映画の「海すずめ」です。


愛媛県宇和島伊達400年を記念して製作された青春ムービー。
同県出身の大森研一監督がメガホンをとり、宇和島の歴史や魅力を詰め込みながら、図書館自転
車課で働く女性の奮闘を爽やかに描く。
小説家としてデビューしたものの2冊目を書くことができず、故郷の宇和島市に戻ってきた雀は、市
立図書館の本を自転車で運ぶ仕事を始める。
ある日、彼女は常連客のトメから、市立図書館が在る場所に、私立伊達図書館があったことを聞
される。
トメ自身もそこで働いていたが、図書館は空襲で全焼してしまったのだという。
一方、町では「伊達400年祭」の武者行列で使用する着物の刺繍模様を復元するため、資料と
る「御家伝来の本」を探して大騒ぎに。
そんな中、図書館の自転車課が廃止寸前に陥っていることが発覚する。
主人公・雀役に「進撃の巨人」の武田梨奈。共演にテレビシリーズ「仮面ライダー鎧武」の小林豊、
ベテラン女優の吉行和子。(映画.comHPより抜粋)

大森監督の作品は2年前に、「瀬戸内海賊物語」を観たので、今作も観に行って来ました。
今作は愛媛県の南部、宇和島市を舞台に撮影されてます。
対岸に見える九島(くしま)と宇和島に橋が架かることになり、映画では工事途中までが映ってま
す。九島大橋は今年の4月3日に開通しました)
九島大橋が開通すると、自動車で移動できるようになり、わざわざ渡し船を使って図書の配達に
行く必要も無くなり、予算も厳しいからと、自転車課は廃止の危機を迎えます。
(実際には自転車課は実在しません。フィクションです。)
瀬戸内の美しい自然をバックに、挫折、友情、希望が描かれてました。

爽やかな感動を感じた映画でした。
大林宣彦監督の尾道三部作が好きな方や、愛媛県民にお勧めしたい映画です^^