Gena(ジーナ)の飲んだくれ太腕繁盛記

健康であれば大抵のことは気合いと根性で乗り切れる!

「青春18×2 君へと続く道」

2本目には「青春18×2 君へと続く道」を観ました。

画像33

(C)2024「青春18×2」film partners

「新聞記者」「余命10年」の藤井道人が監督・脚本を手がけた日台合作の

ラブストーリー。

ジミー・ライの紀行エッセイ「青春18×2 日本漫車流浪記」を映画化し、

18年前の台湾と現在の日本を舞台に、国境と時を超えてつながる初恋の記

憶をエモーショナルに描き出す。

18年前の台湾。

高校3年生のジミーはアルバイト先で4歳上の日本人バックパッカー、アミ

と出会い、天真爛漫でどこかミステリアスな彼女に恋心を抱く。

アミもまた、ある秘密を抱えながらもジミーにひかれていく。

しかし突然アミの帰国が決まり、意気消沈するジミーにアミはある約束を

提案する。

現在。

人生につまずいて久々に帰郷した36歳のジミーは、かつてアミから届いた

ハガキを再び手に取り、あの日の約束を果たすべく日本へ向けて旅立つ。

東京から鎌倉・長野・新潟、そしてアミの故郷・福島へと向かう道中で、

彼女と過ごした日々の記憶がジミーの心によみがえる。

台湾の人気俳優シュー・グァンハンがジミー、清原果耶がアミ役でそれぞ

れ主演。

ブエノスアイレス」などの俳優チャン・チェンが、エグゼクティブプロ

デューサーを務めた。(映画.comHPより)

 

鑑賞してて、岩井俊二監督の「ラブレター」を思い浮かべましたが、劇中

で「ラブレター」を観に行くシーンがあり、関連していたのねと思いまし

た。

夢を叶えたら会おうと約束していたジミーとアミ。

アミに会いに来日したジミーが行く先々で助けてもらい、無事にアミの実

家にたどり着くが…。

時すでに遅し…と思っていたら、実はジミーは或る事を知っていた。

う~ん、只の恋愛映画と思っていたけど、意外に感動作でした。

鬼滅の刃甘露寺蜜璃じゃないけど、胸がキュンキュンする映画でした。

デートで観るのも良いわね。

甘酸っぱい青春を思い出しながら、感傷に浸るのも良いわ♪

年齢問わず、お勧めできる映画でした^^